iPhoneのフロントパネルの品質について

銀座 新橋 築地 有楽町 中央区

iPhone iPad android

即日修理

即日PRO新橋銀座店は、本日も休まず即日対応致します。

 

今日はよくあるお問い合わせ

フロントパネル交換時の

SパネルとAパネルの違いについて

 

ガラス割れ修理を考えた時に

一番最初に修理金額を気にすると思います。

iPhone6のパネル修理金額を調べていくと価格のバラツキが結構あります。

できるだけ安くてよい品質の場所で修理を考えると思うのですが・・・

この選択が難しい(-_-;)

安いからにはそれ相応の背景が当然あります。

高いから品質が良いかといえば、一概にそうとも言えず(-_-;)

 

フロントパネルは全て同じではありません。

主に

純正品 再生品 サードパーティ品(コピー品)

などがあります。

純正品

アップル正規店で修理をした場合、もちろん純正品になります。

再生品

純正パネルの液晶をリユースしたもの。

 

サードパーティ品(コピー品)

純正品に似せて製造されたもの。

 

 

正規店(アップルやアップルの正規代理店)を除いて

一般的な修理店で使用しているパネルは

サードパーティ製(コピー品)の物がほとんどです(総務省に認可を受けていても同様です。)

サードパーティ製もグレードがあり出来の良いものから、粗悪なものまで多種多様になります。

※正直なところ結果論でしか判断ができません(-_-;)

 

純正品に近いものがよいか、とにかく安く修理を済ませたいかなどにより

選択の幅は広がるのですが

当然メリット デメリットがあります。

修理前に確認をしてみるのが一番だと思います(__)

 

参考までに当店のパネルの違いの画像

※分かりやすく黒いパネルを使いましたが、iPhone5~iPhone8まで基本的な作りは同じなので、

慣れてくると外観からでもすぐに分かります。

 

iPhone6sのSパネル

 

iPhone6sのAパネル

 

iPhone6sのアップル純正パネル

 

並べて見ると分かりやすいです。

修理依頼の多いiPhone7のフロントパネル

左がSパーツ 右がAパーツ

 

修理店での修理をお考えの際

修理店選びは持主様のご判断になります。

修理店で修理をすることのメリット デメリットもありますので

事前にお問い合わせをするのが一番だと思います。