バッテリー不具合

充電持ちが悪い
電源がいきなり切れる
残量の表示がおかしい
充電中にiPhoneが熱くなる
修理内容
機種通常料金ご予約時所要時間
バッテリー不具合
7 Plus8,500円8%OFF20分~
78,500円8%OFF20分~
6s Plus6,500円8%OFF20分~
6s6,500円8%OFF20分~
6 Plus5,500円8%OFF20分~
65,500円8%OFF20分~
5S4,500円 
8%OFF20分~
5C4,500円 
8%OFF20分~
54,500円8%OFF20分~
※料金は税抜表記です

iPhoneの修理依頼の中でガラス割れ・液晶破損に続いて多いのが、バッテリー交換のご依頼です。
OSのアップデートや多種多様なアプリが開発され便利なことは間違いないのですが、一方、消費電力が多くなると言われており、1年くらい経過をしますと充電の減りが早くなった等のご相談をいただきます。
従来のフューチャーフォンやアンドロイド端末と比較しますとiPhoneはバッテリーの持ちが良くないのですが、1日持たないどころか半日もしないうちにバッテリー残量がゼロになる、といった状態までいくとバッテリーを交換することで復旧できます。
受付と動作チェックの時間を入れても計20分程度です。

修理時間:10分程度
よくある症例
充電持ちが悪い

最も多いご相談で、消費が激しく2~3時間しかバッテリーが持たないという場合です。なかには1時間使っただけで充電がゼロになるというケースもあります。
リチウムイオン電池は消耗品なので、充電を繰り返すことによって充電できる容量が減っていきます。iPhoneの場合は充電回数が500回を超えたころから、容量の減少が始まるとされています。使い方にもよりますが、1日1回100%を満充電した場合では、1年と2ヶ月程度、使用状況などにより1年未満でも同様の症状が見られる場合もございます。
そのため、一定期間を使用していくと充電の持ちが悪くなります。

電源がいきなり切れる

バッテリー残量は十分ある状態にも関わらず電源が突然切れてしまう場合、バッテリーが再起動(ON/OFF繰り返し)で起こしてしまっていることが原因であれば、バッテリーの交換によって修復する可能性が有ります。

   

残量の表示がおかしい

バッテリーの残量メーターの表示が「70%からいきなり30%に変わったりいきなり電源が切れる」といったように、メーターの表示がおかしくなることがあります。この場合は、バッテリーの劣化が原因ではなく、ソフトウェアの不具合が発生している可能性もあるので、まずはソフトウェアアップデートを行われた上で、ご相談いただければと思います。

充電中にiPhoneが熱くなる

充電中に本体が高熱を発生するというケースがあります。バッテリー内部の電圧が上がってしまっていることが考えられます。電圧が上がる原因として、バッテリー側にあるというよりも基盤(マザーボード)側に問題がある可能性もございます、この状態に陥った際は買い替えも選択肢に入れて検討される必要があります。