ホームボタン不具合

ホームボタンの効きが悪い
ホームボタンが全く効かない
ホームボタンが割れた
ホームボタンがめり込んで押せない/押しづらい
修理内容
機種通常料金ご予約時所要時間
ホームボタン不具合
6s Plus6,800円8%OFF30分~
6s6,800円8%OFF30分~
6 Plus6,800円8%OFF30分~
66,800円8%OFF30分~
5S5,800円8%OFF30分~
5C5,800円8%OFF30分~
55,800円8%OFF30分~
※料金は税抜表記です

一定期間、iPhoneを使用していくと、ホームボタンの効きが悪くなったり、全く効かなくなる、などの症状が出ることがあります。ご相談いただくお客様のほとんどの場合において、ケーブル交換での修復が可能です。
ホームボタンはiPhoneを分解すると液晶パネル側に設置されており、すぐに取り外しができる場所にあるので修理時間は平均20分程度とお待ち頂く時間もとても短いです。

修理時間:20分程度
よくある症例
ホームボタンの効きが悪い

効きが悪くなる原因のほとんどは、ホームボタンと基板(マザーボード)をつなぐケーブルが断線や損傷などによる接触不良を起こしているためです。接触不良の原因は、主に長期使用による経年劣化。そのほか、ホームボタンを強く押しすぎることでも同様の症状を起こすことがあります。
この症例の場合、ケーブル交換で症状が改善することが殆どです。

ホームボタンが全く効かない

ホームボタンが全く効かないということもあります。この場合は経年劣化による症状というよりは、基板(ソフトウェア)側に問題のある可能性もありまた、iPhoneが水没した経験があるとこのような症状になる例がこれまでにも何度かありました。水没の有無を簡易的に調べる方法があります。

ホームボタンが割れた

iPhoneを固いものにぶつけてしまったり、ポケットから落としたりすると、ホームボタンが取れてしまったり、割れてしまったり、という例もあります。この場合は、ホームボタンを取り替えることで修復できます。

ホームボタンがめり込んで押せない/押しづらい

iPhone本体の落下などの衝撃によってホームボタンがズレてしまっただけであれば、ホームボタンの部品交換はせずに修理できる場合もあります。
ホームボタンが変形・破損してしまっている場合は、ホームボタンケーブルを含むホームボタンの修理・交換が必要になります。 

AssistiveTouch機能を使う

修理に出したくてもすぐに出せないときは、AssistiveTouch機能を使うことで、ホームボタンの機能を代用することができます。

iPhoneの(設定)→(一般)→(アクセシビリティ)の順に選択し、(AssistiveTouch)をオンにするだけです。詳しくは(apple公式サイト)を確認してみてください。